仕事を辞めたいと思う理由

仕事をし始めて何ヶ月かすると、自分の仕事にだいぶ慣れてきてほかの事を考えるゆとりが生まれてきます。そうすると、自分の仕事がこれでいいのか、仕事とプライベートの両立などさまざまな問題点が浮かびあがってきます。そういった疑問や悩みなどに打ち勝つくらい仕事に対してやりがいなどを感じていれば辞めるまでには至らないのですが、そこまで自分の仕事が天職だと考えている人も少ないでしょう。 仕事を辞めたくなる原因というのはいったいどういったものが多いのでしょうか。 1.職場の人間関係 仕事を辞めたいと思う原因の一番多い原因がこれです。会社の中にはたくさんの人たちが働いています。その中には気の会う人もいれば合わない人もいるでしょう。気の合わない人が多い職場で毎日過ごすのは苦痛以外の何者でもありません。しかし、気が合う、合わないはその人個人の感覚によるものが大きく、辞めたい原因の常に上位にはいますが、こういう理由で辞めてしまう人はどういった職場でも苦手な人を作ってしまいがちなのでどの仕事についてもおなじことを繰り返す人が多いです。 2.仕事内容 仕事にはついてみたけれど、自分が思っていた仕事とはなんとなく違う、そういう感覚を抱く人も多いと思います。特に医師、看護師は、個人が掲げている理想が大きい。宗教もかみ共感できるかできないか?なにをきっかけに、何も信じられなくんることがあります。医療は人であり、神の領域とも言われいるので入職前にリサーチしておかなければ厳しい。 3.学生との感覚の違い 新卒で仕事をする場合は、学生から一気に職場へ入ることになります。現場教育やいろんな研修などは行われますが、多くの場合、新人とはいえ患者さまが目の前にいますから自信のない顔はできません。 学生気分で「いつか先輩が教えてくれるだろう」という甘えが許されない場合も多いのです。その反面、勝手に触るな・判断するな・わかったふうな返事をするなと毎日のように叱られます。良い先輩に当たればいいのですが、そのフォローがいないと、次の日から病院へ出勤できなくなりますよね。 看護師の求人を何度も探して転職しないですむように、人間関係やトラブルを回避できるよう予め学習できたらいいですね。